みをつくし料理帖

もうすぐ始まります。「みをつくし料理帖」
ドラマはほとんど見ていないのですが、これは毎週楽しみにしてます。

今日はお香を焚いてみました。







テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

「裸の華」桜木紫乃・著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

裸の華 [ 桜木紫乃 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)




今日はこの本。

桜木さんの本は結構好きなんだけど、これはあまり私に響いてきませんでした。
でも登場人物はとても魅力的でそれぞれが交差する人間模様も読み応えあり。バーテンダーのJINに心ときめかせ、オガちゃんのタンバリンには胸あつくなった。



テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「ゆすらうめ」梓澤要・著




今日はこの本。

滝沢馬琴は晩年失明し、「南総里見八犬伝」を口述筆記したのが嫁の路。二人の関係を軸に滝沢家に出入りする人々の恋愛事情。
どの話もあまり余計な説明がなくすっきりした印象、でも味わい深く読めました。




テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

「戻り舟同心 夕凪」長谷川卓・著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夕凪 [ 長谷川卓 ]
価格:745円(税込、送料無料) (2017/6/14時点)




今日はこの本。

戻り舟同心シリーズの第二弾。
未解決の事件に再び向き合う伝次郎。伝次郎も周りの仲間もいいです。
『何も口にせず、十年前に亡くなった妻の面影に思いを馳せた。』友の顔に老いが走るのを見たときの伝次郎の姿に彼の優しさを感じます。






テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

「その手をにぎりたい」柚木麻子・著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

その手をにぎりたい (小学館文庫) [ 柚木 麻子 ]
価格:615円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)




今日はこの本。

バブル時代を必死に生きた青子、彼女の十年間のお話です。
手をにぎるってキスしたり抱き合ったりするよりも胸がときめいたりすることもあるかも。そんなことを思いながらがむしゃらに頑張った彼女を追いました。田舎がかんぴょう農家っていうのも身近に感じました。







テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「銀漢の賦 」葉室麟・著


銀漢の賦 (文春文庫) [ 葉室麟 ]​​

今日はこの本。

葉室さんの作品では一番好きと思っている一冊です。いつかもう一度読みたいと思いつつも実現できず、やっとまたこの三人に会うことが出来ました。
「銀漢とは・・・」とつぶやいた源五の言葉が深く心に届きます。男の友情という簡単な言葉では片付けたくないです。それぞれの立場をわきまえながら自分に出来る方法で相手を思いやる。そしてそれは決してぶれず見えない深い絆となって自分を支えていた。
是非たくさんの人に読んで欲しい一冊です。





テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

「遠縁の女」青山文平・著


遠縁の女 [ 青山 文平 ]

今日はこの本。

三つの中編集です。
今、糸とりを学んでいるので「機織る武家」が興味深く読めました。機織りの種類や糸などほんの少しでも知っていることがあると様子が思い浮かんだりしてまた違った感じでいいですね。読後感がよかったのは「沼尻新田」。表題作の「遠縁の女」は残念ながら私にはあまり響きませんでした。






テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

「老後の資金がありません」垣谷美雨・著


老後の資金がありません [ 垣谷美雨 ]

今日はこの本。

先日友達が言ってました。
「子供もさぁ、大学卒業させてお金も一息かなと思ってたけどそうじゃないのよね~結婚でしょ、そして孫が生まれるとこれまた想像以上にかかるのよね。老後の蓄えなんていつになっても貯められないわよ。。。」と。
この本も自分に置きかえたりしながら読みました。他人事ではないのに楽しく読めたのは垣谷さんのおかげですね。
無駄な出費は抑えつつ、でも暮らしを豊かに楽しむ方法はいろいろありそうです。






テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「生還者」下村敦史・著


生還者 [ 下村敦史 ]

今日はこの本。

失踪者を読んでこちらも読みたいと思っていてやっと読めました。
生還者、生きて帰ってきた者の苦悩と真実。雪山に隠された真実がどこにあるのか最後までわからず引き込まれれ、真実に迫る奥の深いストーリーに参りました。真実は一つ、そしてそれを知っているのは自分、だれも裁けない、自分で自分を裁くのです。







テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「あなたと、どこかへ。」


【中古】 あなたと、どこかへ。 / 吉田 修一 / 文藝春秋 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】

今日はこの本。

どこか切なく少しほろ苦くそして懐かしいあたたかい気持になりました。
車の中というちょっと特別な空間の中で紡がれる時間、そこにはいろんなドラマがあります。
実は昨日十代の頃に好きだった人とドライブしている夢を見ました。「じゃあ、またね」車を降りるときのあの少しだけ泣きたくなる気持がよみがえったりして。感想とは関係ないんだけど。。





テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

@ケイプ

Author:@ケイプ
28歳を頭に3人の男の子を持つ普通の主婦です。
子供達も巣立ち、これからの自分を模索中です。

カフェめぐり、プチ旅行など一人で過ごす時間が最近のお気に入り。

寝る前の読書は大切な時間♪
読んだ本の覚書き程度の感想と日々のつぶやきです。


もっともっとすてきな本に出逢いたいなぁ

最近の記事

カテゴリー

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード